「ふくらはぎの痛み、むくみを簡単に緩和する方法」動画

「ふくらはぎの痛み、むくみを簡単に緩和する方法 」の動画の紹介です。
ふくらはぎが太いと気になりますよね。
ふくらはぎのむくみを緩和する方法があるそうです。
むくみを緩和してふくらはぎをすっきりさせましょう!!

足痩せダイエットには脚痩せマッサージと合わせて脚痩せサプリでセルフケアすると効果が期待できますね!⇒脚痩せサプリランキング

◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

今日はふくらはぎの痛み、そしてむくみを簡単に緩和する方法について紹介していきます。
この固いむくみを起こすポイントというのはこの図にあります黄色い1本線の上になります。
まず1つはこの真ん中のライン、ちょうどひふく筋の割れ目のラインですね。
そして2つめはですね、ひふく筋の外側のふちのラインですね。
そして3つめがひふく筋外側のラインになります。
この3つのラインの中でもですね、特にトリガーポイントができやすいポイントというのが三角のマークのところになります。
この真ん中のラインですとこのふくらはぎの真ん中よりも膝寄りの部分ですね、こういうところにコリコリとしたしこりのようなものが、いわゆる施術のポイントが見つかります。
そして外側ラインはですね、三陰交と呼ばれるツボの辺りですね。
そしてもう1つはこの筋肉が骨に付着する部分に近いところですね、この辺りもよく見つかります。
実際施術にかかるときはこのようにラインに沿って指を滑らせていきます。
可能であるならば表面の皮膚脂肪をかきわけて筋膜まで指をあてた状態で滑らせるとより簡単に痛みやむくみを取ることができます。
施術ポイント、いわゆるトリガーポイントというものにあたった時にはですね、それを感じられるのであれば、そのポイントで指を止め、5mm程度の圧を加えて10秒ほど静止します。
そうするとより強い痛みも簡単に取ることができます。
是非ご参考にしてみてください。

「ふくらはぎのストレッチ」動画

「ふくらはぎのストレッチ」の動画の紹介です。
ふくらはぎが太いと気になりますよね。
気になるふくらはぎのためのストレッチがあるそうです。
ストレッチをしてふくらはぎを細くしましょう!!

足痩せダイエットには脚痩せマッサージと合わせて脚痩せサプリでセルフケアすると効果が期待できますね!⇒脚痩せサプリランキング

◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

こんにちは。
本日はふくらはぎのストレッチについて説明したいと思います。
ふくらはぎは皆さんもご存じの通り、ここにくっつく筋肉です。
ふくらはぎはどのスポーツでも必ず使う筋肉ですのでここら辺が固くなってしまうと膝の痛みや足首の痛み、または腰痛を引き起こす原因となります。
どのスポーツをやってる方でも必ず行うようにしてください。
まずこの図でふくらはぎの説明をしていきます。
これはふくらはぎの筋肉の図です。
ふくらはぎは上にくっつくひふく筋と下にくっつくひらめ筋、この2つの筋肉からなります。
ふくらはぎのストレッチではこの2つの筋肉を伸ばしていく必要があります。
では早速行っていきたいと思います。
まずは上にくっつくひふく筋のストレッチを行っていきます。
真横にどのような壁でもいいので壁からこれぐらい離れてください。
伸ばす方、今では左足の方ですね。左足を後ろに下げていきます。
そして前に手をついて体重を前の方にかけていきます。
この時大事なのが膝を曲げないことです。
ひふく筋は膝よりも上にくっつくため膝が曲がってしまうとちゃんとひふく筋のストレッチができません。
必ず膝を伸ばした状態で体重を前にぎゅーっとかけていってください。
この時にふくらはぎの上の方が伸びている感じがすればストレッチができています。
だいたい30秒ぐらい行ってください。
同じような要領で反対側も行っていきます。
次にふくらはぎの下側にあるひらめ筋を伸ばしていきます。
伸ばす方の足、今は左の方の足を伸ばしていきます。
片足立ちになっていただき前の片足立ちの足を胸で押すようにしていきます。
この時にアキレス腱からアキレス腱のやや上の方が伸びるような感じがすればストレッチができています。
これも30秒ぐらい行っていってください。
そして反対も行っていきます。
この時の注意点はアキレス腱まわりが痛くなる、アキレス痙攣を起こしている方は、今のストレッチをして逆に痛くなる場合は無理にストレッチを行わないでください。
これでふくらはぎのストレッチの説明を終わります。

「【たった5分で】短期間でふくらはぎを細くする方法」動画

「【たった5分で】短期間でふくらはぎを細くする方法 」の動画の紹介です。
ふくらはぎがブヨブヨなお肉なのはみっともないですよね。
たった5分行えば短期間でふくらはぎが細くなる方法があるそうです。
5分ストレッチでふくらはぎを細くしましょう!!

足痩せダイエットには脚痩せマッサージと合わせて脚痩せサプリでセルフケアすると効果が期待できますね!⇒脚痩せサプリランキング

◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

今からふくらはぎを細くするストレッチをやります。
まずは足を前後に開いていただいて、体を支えるために軽く手をつけてもらって立ちます。
で、固い人だとつま先がこういう風に外側に向いてしまうので、まずまっすぐ向けます。
で、もう1つ、かかとが浮いてしまわないようにしっかりかかとをつけた状態で後ろ足を固定します。
固定できたら前の膝を前の方にゆっくり体重をかけて自分の伸ばせる範囲で伸ばしていきます。
で、ぐーっと曲げられるところまで曲げたらゆっくり戻して、これを3回ぐらい行っていきます。
以上です。試してみてください。

(実際に体験していただきました。)
ラクですね。
これをこっちにまわしてから調整します。
つま先もかかともまっすぐ、床についている状態で。
で、かかとをぐーっと押さえつけて、もしトレーナーがいればかかとをこういう風に押さえつけてあげます。
反対側の足、左側の足いきましょう。
ラクな感じで。固い人だと足の先がまっすぐ向かないので、外側を向いてしまうんで、それをまずまっすぐしていただきます。
後ろ足まっすぐ。こっちが正面に向くように。
もう1つ。固い人ってかかとが浮いてしまうんで、かかとが浮かないようにくっと押さえつけます。
かかとを浮かせてみて、これはダメなんで手でつけていただいて。
つけたまま、前足の膝をゆっくり曲げていきます。
いけるところまで。
これで約1分ぐらい伸ばし続けます。

「ふくらはぎを細くするセルフケア方法」動画

「ふくらはぎを細くするセルフケア方法」の動画の紹介です。
ふくらはぎの太さは誰もが気になりますよね。
セルフケアでふくらはぎを細くする方法を教えてもらいましょう!!

足痩せダイエットには脚痩せマッサージと合わせて脚痩せサプリでセルフケアすると効果が期待できますね!⇒脚痩せサプリランキング

◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

ふくらはぎのむくみを取る方法ですけど、足首のコリコリのところ、ここのまわりがぐちゅぐちゅしているというかタプタプしているのでこのまわりをマッサージしてあげます。
で、ここをこのグリグリをはっきり出してあげるようにここを流してあげる。
そしてもう1つ大事なのは、ここですね、この間、こっち側の骨とこっち側の骨の間のこのとこ、ここにむくみが溜まるのでここを流してあげます。
そうすることによってふくらはぎのむくみが流れていく。
なので直接ふくらはぎを施術をするよりも時間的にない時はすごく変わります。
自分でもここはできます。
自分でここをクリクリとやって、こう流して、そしてリンパを指の間のここに向かって流してあげてください。
これからの季節、足首をケアして足をすっきりさせてくたさい。

「ほっそり脚。この2点だけで、ふくらはぎが”脚やせ”する歩きに!」動画

「ほっそり脚。この2点だけで、ふくらはぎが”脚やせ”する歩きに!」の動画の紹介です。
ふくらはぎの太さって気になりますよね。
2点に注意するだけでふくらはぎが脚やせするという歩き方を教えてもらいましょう!

足痩せダイエットには脚痩せマッサージと合わせて脚痩せサプリでセルフケアすると効果が期待できますね!⇒脚痩せサプリランキング

◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

 

毎日歩く足を改善するだけでほっそり足になっていけば言うことはないですよね。
実際に今日体験してくださいました方はこのように歩き方が変わっています。
まず実際に歩き方をご覧いただきたいと思います。
足が体の前より出てしまってそしてももを張らせています。
自然に腰の力が抜けて上半身の重さが足にかかってきてしまっています。
こちらは後半戦になります。
背が伸びて足の前に出なくなり後ろに蹴り出しているのがよくわかります。
その力がふくらはぎからそのまま背中を抜けてみぞおちまで伝わっていって体上半身を持ち上げてきているのがわかります。
これによって体の重さが足にかからなくなってきた状態です。
なぜこうなったかというのは2点ポイントがあります。
1点目は胸を開いたという形です。
気が付かないうちに私たちは体が前に向かって生活している形になりますのでどうしても前向きになっていってしまいます。
結果的に体を閉じる形になっているわけですね。
それによってこういう形で体が重だるくなってしまい上半身の重さが全部足にかかってきた状態です。
このように上半身、胸を開いたことによって体の前面の筋肉を使いやすいのか、背面の筋肉を使いやすいのかスイッチが切り替わった状態になっています。
胸を開いたことによって背面の筋肉を使えるようになって伸びやかになったというのが1点目の理由です。
2点目になります。2点目の場合は背面が使いやすくなったので歩いている際に足を蹴り出すようにしていき、その蹴り出した力がみぞおちまで伝わるようにしていっていただいたという形です。
これによってさらに後ろこの辺りにある腎臓を刺激することができて体全体がほっそりと、そしてむくみがなくなってきた状態になります。
1点目は胸を開く、そして2点目は背面の筋肉を使っていく足を蹴り出し、蹴り出した力がみぞおちまで伝わるように歩いていくということになります。
この2点を意識して歩いてみてはいかがでしょうか。
歩き方が変わってくると思います。