「ふくらはぎのストレッチ」動画

「ふくらはぎのストレッチ」の動画の紹介です。
ふくらはぎが太いと気になりますよね。
気になるふくらはぎのためのストレッチがあるそうです。
ストレッチをしてふくらはぎを細くしましょう!!

足痩せダイエットには脚痩せマッサージと合わせて脚痩せサプリでセルフケアすると効果が期待できますね!⇒脚痩せサプリランキング

◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

こんにちは。
本日はふくらはぎのストレッチについて説明したいと思います。
ふくらはぎは皆さんもご存じの通り、ここにくっつく筋肉です。
ふくらはぎはどのスポーツでも必ず使う筋肉ですのでここら辺が固くなってしまうと膝の痛みや足首の痛み、または腰痛を引き起こす原因となります。
どのスポーツをやってる方でも必ず行うようにしてください。
まずこの図でふくらはぎの説明をしていきます。
これはふくらはぎの筋肉の図です。
ふくらはぎは上にくっつくひふく筋と下にくっつくひらめ筋、この2つの筋肉からなります。
ふくらはぎのストレッチではこの2つの筋肉を伸ばしていく必要があります。
では早速行っていきたいと思います。
まずは上にくっつくひふく筋のストレッチを行っていきます。
真横にどのような壁でもいいので壁からこれぐらい離れてください。
伸ばす方、今では左足の方ですね。左足を後ろに下げていきます。
そして前に手をついて体重を前の方にかけていきます。
この時大事なのが膝を曲げないことです。
ひふく筋は膝よりも上にくっつくため膝が曲がってしまうとちゃんとひふく筋のストレッチができません。
必ず膝を伸ばした状態で体重を前にぎゅーっとかけていってください。
この時にふくらはぎの上の方が伸びている感じがすればストレッチができています。
だいたい30秒ぐらい行ってください。
同じような要領で反対側も行っていきます。
次にふくらはぎの下側にあるひらめ筋を伸ばしていきます。
伸ばす方の足、今は左の方の足を伸ばしていきます。
片足立ちになっていただき前の片足立ちの足を胸で押すようにしていきます。
この時にアキレス腱からアキレス腱のやや上の方が伸びるような感じがすればストレッチができています。
これも30秒ぐらい行っていってください。
そして反対も行っていきます。
この時の注意点はアキレス腱まわりが痛くなる、アキレス痙攣を起こしている方は、今のストレッチをして逆に痛くなる場合は無理にストレッチを行わないでください。
これでふくらはぎのストレッチの説明を終わります。